So-net無料ブログ作成
低金利 ブログトップ

低金利 [低金利]

低金利で借入金を受けるのであれば、その期間内でホントに返済できるのか、また融資額は返済可能な金額かをしっかりと考えましょう。
もし、あなたがすでに数点の会社から融資を受けている多重債務者であれば、低金利でもっと借り入れを増加させる事は危険です。
お金の入る予定がないのに低金利借り入れを増やし、無利子一定期間がきたら、どうしますか。
また他の低金利からお金を借りるのでしょうか。
当然、すでに多重債務者であれば、低金利から借り入れができない事もありますが、何よりも借り入れ金額が増加しているのみの蟻地獄となってしまいます。
低金利では自分に見合った融資額を受けるのではない場合は、考え直すほうが有効なと考えます。
低金利から融資を受けるよりも専門家や弁護士等にしっかりと相談し、蟻地獄からホントに抜け出す方の方法を考えましょう。





タグ:低金利
nice!(0) 
共通テーマ:マネー

低金利 [低金利]

低金利のメリットはどこにあるのでしょうか。
一定期間無利息という事ですから、この期間内にお金の入る予定が必ずあり、誤りなく返済ができるという事であれば、低金利は有益なサービスかもしれません。
例えば旅行の予約をしていて、今日までに入金しないとキャンセルされてしまのに給与日は明後日、という場合には低金利で借りるのも方の方法かなと考えます。
当然、その入ったお金を低金利に返済せず、使用してしまっては意味がありませんが・・・。
しかし、お金が入るかどうかわからないような競馬や宝くじといったものであれば、低金利を使用するのはお勧めできません。
融資額がいくらであれ、低金利からのお金はまちがいなく借金です。
そして、低金利の無利子適応期間がすぎると通常より高価な利子が設定されている場合が少なくないのです。





タグ:低金利
nice!(0) 
共通テーマ:マネー

低金利 [低金利]

低金利の融資額は通常の借入れと同等のく、各社によっておのおの違います。
低金利というのは、一定期間利子がつかない借り入れサービスを実施している会社の事ですね。
今、ひそかに無利息なら低金利で沢山借りてしまおうなんて事を考えなかったでしょうか。
たしかに無利息で借りられる低金利ですが、利息がつかないのは一定期間だけ、また初回だけといったところがたくさん、無期限の無利息ではありません。
また、低金利で借り入れをしましょうとしても、融資額大量にまで借り入れができない、あるいは全く借り入れのできない人もいます。
これは低金利で借り入れをしている前にすでに他の会社で借り入れをしていて、その返済が終わってない事が原因の事が少なくないと思われます。
何もこれは低金利に限った事でなく、通常の借り入れであればも同等のです。





タグ:低金利
nice!(0) 
共通テーマ:マネー
低金利 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。